支部規約

設定:昭和61年05月10日(改:H11/09/04)(補正:H23/06/18)

  • 本会は日本ALS協会秋田県支部(略称:JALSA秋田)とする。
  • 本会は、地域社会への啓発とALS(筋萎縮性側索硬化症)をとりまく療養環境の改善を図ることを目的とし、日本ALS協会本部と緊密な連携をとりながら、次の活動を行う。
    1. 会員相互の交流、研究活動
    2. 患者の療養環境改善のため、常に関係者と連携し充実をめざす。
    3. 未入会患者家族への常に関係者と連携し、充実をめざす。
    4. ALSについて啓蒙や情報活動に努める。
    5. その他
  • 会員は、原則として秋田県内在住の日本ALS協会正会員、賛助会員、特別会員をもって構成する。
  • 役員は次のとおりとし、任期は原則として1年、再任を妨げない。支部長、副支部長2名、事務局長、運営委員(事務局)若干名、会計監査2名、そのほかに相談役、地域世話人を設ける。
  • 支部長は総会や役員会を開き、支部の運営に当たる(必要に応じ、地域交流会を開く)。
  • 支部総会は原則として年1回とし、次のことを決める。議決は出席者の過半数をもって成立する。
    1. 役員選出
    2. 活動報告、決算報告
    3. 活動方針、予算の決定
    4. 規約の改廃、その他
  • 事務所は支部長宅に置くことを基本とする。
  • 支部活動に必要な経費は寄付金、助成金、その他の収入でまかなう。
  • 会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

付則:本規約は平成23年06月18日から施行する